スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点眼剤(目薬、眼軟膏)の正しい使い方がまとめられた小冊子をご紹介します。

目薬、眼軟膏の使い方・保管方法や注意事項が簡単にまとめられた小冊子になっています。
下↓のリンクからPDFファイルが開きます。 ご参考にして下さい。


正しく使いましょう点眼剤<参天製薬>
スポンサーサイト

点鼻薬の使用方法について

今回は、私どもポピー薬局で使われているおもな点鼻薬についてご紹介します。
それぞれの特長や、使用方法(動画が見られるものもあります)をまとめてみました。


点鼻薬は、花粉症や通年性のアレルギー性鼻炎で、良く使われるお薬です。
おもに使われるのは、ステロイド剤で基本的に毎日続ける事で、鼻腔内の炎症を抑えて
鼻水、鼻づまり等の症状を改善します。
他に、抗アレルギー薬や血管収縮剤があります。


おもな点鼻薬

点鼻

アラミスト点鼻液27.5μg56噴霧用(成分名;フルチカゾン フランカルボン酸エステル)

特長は、霧状に噴霧されるので液だれがしにくく、1日1回(2噴霧)で、
効果の発現が早い事と、全身への影響が少ない(1%未満)と言われています。
使用方法はこちら
動画を見られる方(FLASH版)はこちらからご覧戴けます。


ナゾネックス点鼻液50μg56噴霧用/112噴霧用
(成分名;モメタゾンフランカルボン酸エステル)

特長は、アラミスト同様、1日1回で効果があります。
小児(12歳以上の小児と大人は1回2噴霧、12歳未満の小児は1回1噴霧)にも
使用される事があります。
使用方法はこちら


リノコートパウダースプレー鼻用25μg(成分名;ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)

特長は、上の2剤と違い粉末を鼻腔内に噴霧するタイプ。
液だれを起こさず、のどに流れて嫌な味がしたりすることはありません。
1日2回、1回1噴霧です。
使用方法はこちら


※使用方法は一般的なもので、医師の指示に従って下さい。

お薬は用法を守って服用して下さい。

お薬を飲まれる際には、用法・用量の指示を守って服用して下さい。
食後 お食事を摂られて30分以内に服用して下さい。 胃腸障害(胃痛、ムカつき等)を抑える為に食後と服用指示される場合が多いです。
飲み忘れを防ぐ目的で食後と指示される場合も多く、食事を摂られなくても時間で服用した方が良い場合もあります。
食前 食事の30分くらい前に服用して下さい。お薬により、食直前(5-10分)に服用した方が良いものや、吐き気を抑えるお薬などでは30分~1時間前に飲んだ方が良い場合もあります。
食間 漢方薬など、空腹時の方がお薬の吸収が良いものは食後2時間位経ってから服用して下さい。但し、飲み忘れたりした場合、気付いた時点で服用した方が良い場合もあります。
食事を1日3食摂られない場合や、食事を摂る時間が不規則な場合等は、ライフスタイルに合わせた服用をご相談して下さい。特に、保育園、幼稚園、学校等に行って昼食後の服用が困難な場合は、診察の際に医師に伝えておくと良いでしょう。

図表は、くすりの情報Q&A55(製薬協)より
プロフィール

植田隆

Author:植田隆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。