スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW期間中の営業について

ゴールデンウィーク中の営業について
暦通りの営業になります(5月3日~6日はお休みです
     期間中のお薬のご相談等は090-1446-4139まで
      (電話に出ることが出来ない場合もありますが、
     番号通知下されば折り返しご連絡させて頂きます)

GW告知
スポンサーサイト

薬学生の実務実習について

5月13日から、薬学生の実務実習を行っています。
期間中、実習にご協力をお願いすることがありますが、
どうぞ、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

実習

後発医薬品調剤体制加算Ⅱ 算定について

5月1日より、後発医薬品調剤体制加算Ⅱ(15点)を算定します。
3割負担の方は、40~50円、1割負担の方で10~20円のご負担になります。どうぞ、よろしくお願いします。


以下、厚生労働省ホームページより
我が国は、1961(昭和36)年に国民皆保険を達成して以来、一定の自己負担で必要な医療サービスが受けられる体制を整備し、世界最長の平均寿命や高い保険医療水準を達成してきました。しかしながら、それから半世紀が経過した今日においては、急速な高齢化の進展等、医療を取り巻く環境は大きく変化しており、医療保険財政の厳しさが続く中で、今後とも必要な医療を確保しつつ、人口構造の変化に対応できる持続可能なシステムを作り上げていく必要があります。

 近年の国民医療費の動向を見ると、その支出は国民所得の伸びを上回る勢いで増えています。2009(平成21)年度の国民医療費は、36兆円を超え、10年前と比較して2割近い増加となっています。医療技術の進歩、高齢化等により、今後も医療費の上昇が見込まれる中、国民皆保険を堅持していくためには、必要な医療を確保した上で、効率化できる部分は効率化を図ることが重要です。

 一方、ジェネリック医薬品は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認された医薬品であり、先発医薬品に比べて薬価が安いにもかかわらず、品質、安全性及び有効性は先発医薬品と変わりませんので、高価な先発医薬品と代替可能な医薬品と位置づけることができます。

 したがって、ジェネリック医薬品の使用を促進することによって、

(1) 患者さんの薬剤費の自己負担の軽減

(2) 医療の質を落とすことなく、医療の効率化(医療費の削減)を図ること

 が可能となります。

 政府としても、ジェネリック医薬品の使用促進に積極的に努めることとし、 「平成24年度までに、後発医薬品の数量シェアを30%以上とする」との目標を掲げています。


後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。

 このため、後発医薬品の普及は、患者負担の軽減、医療保険財政の改善に資するものと考えられますが、現在のところ、日本では、後発医薬品の数量シェアは22.8%(平成23年9月の薬価調査に基づく集計値)であり、欧米諸国と比較して普及が進んでいません。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください↓
厚生労働省 ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進について
プロフィール

植田隆

Author:植田隆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。